投資信託新商品の取扱開始について

2022年6月20日

群馬銀行(頭取 深井 彰彦)は、2022年6月21日(火)から「フィデリティ・世界割安成長株投信 Aコース(為替ヘッジあり)/Bコース(為替ヘッジなし) 愛称:テンバガー・ハンター」(以下「テンバガー・ハンター」)と「ピクテ・ゴールド(為替ヘッジあり/為替ヘッジなし)」(以下「ピクテ・ゴールド」)の取扱いを開始いたします。

テンバガー・ハンターは、企業の長期的な成長力と株価の割安度に着目し、企業の本源的価値を見極める運用をめざすファンドです。中小型銘柄を含めて幅広い国・地域や業種から、株価が10倍になると期待される銘柄「テンバガー」を発掘し、投資を行います。
ピクテ・ゴールドは、金(ゴールド)に投資するファンドです。インフレ局面では実物資産へのニーズが高まるため、一般的に、金はインフレに強い資産と言われています。インフレ懸念が高まる中、金は投資先の1つとして注目されつつあります。

群馬銀行では、今後ともより一層お客さまにご満足いただける商品・サービスの充実に努めてまいります。

商品概要

ファンド名 フィデリティ・世界割安成長株投信
Aコース(為替ヘッジあり)/Bコース(為替ヘッジなし)
愛称:テンバガー・ハンター
ピクテ・ゴールド
(為替ヘッジあり/為替ヘッジなし)
商品分類 追加型投信/内外/株式 追加型投信/海外/その他資産(商品)
委託会社 フィデリティ投信 ピクテ投信投資顧問(注)
主要投資対象 世界株式(日本含む) 金(ゴールド)
申込単位
(積立投信の場合)
1,000円以上1円単位(金額指定)
(1,000円以上1,000円単位)
1,000円以上1円単位(金額指定)
(1,000円以上1,000円単位)
ファンドの特徴
  1. 流行に左右されず、市場が気づいていない隠れた成長企業(事業の持続的な成長性・競争優位性・収益性に着目)に割安な株価で投資する。
  2. 中小型銘柄も含めて幅広い銘柄に分散投資する(ファンドの想定保有銘柄:約500-800銘柄)。
  3. 為替ヘッジあり、なしの2コースが選択可能。
  1. 投資信託証券への投資を通じて、世界的に普遍的な価値が認められている「金」の現物に投資する。
  2. 為替ヘッジあり、なしの2コースが選択可能。
  • 2022年7月1日付けで、商号が「ピクテ・ジャパン」に変更となります。
  • 投資信託お申込みにあたりご留意いただく事項およびファンドにおける手数料等については、こちら(128KB)(別紙)をご確認ください。

商号等 株式会社群馬銀行
登録金融機関 関東財務局長(登金)第46号
加入協会 日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

以上

Get ADOBE READER
Adobe、Adobe ロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。