人的資本の充実

当行は、パーパス『私たちは「つなぐ」力で地域の未来をつむぎます』の実現に向けて、人材育成方針・社内環境整備方針に基づく人材戦略「創造力発揮に向けた人材改革」に取組んでおります。
当行の強みである人材力を磨くことで「つなぐ」力を強化し、多様化する地域の課題・お客さまのニーズへの対応、デジタルへの対応および新たな事業への対応に努めてまいります。

人材育成方針

「パーパスの実現に向けて、一人ひとりの個人パーパスを起点とした自律的なキャリア形成と挑戦を支援し、人材の価値を向上させていきます。」

私たち群馬銀行グループは、2021年11月にパーパス『私たちは「つなぐ」力で地域の未来をつむぎます』を制定しました。
お客さまや地域のニーズが高度化・多様化するなか、その期待に応えていくための「つなぐ」力の強化に向けて、全ての役職員に対して自律的に意欲や能力を高めていく機会を提供し、グループ内外のステークホルダーと連携して創造力と総合力を発揮し、パーパスを実現できる人材の育成を図っていきます。また、役職員一人ひとりが地域社会とともに持続的に成長することによってイノベーションを創出し、地域社会の未来をつむいでいきます。

社内環境整備方針

「価値創造の源泉である役職員一人ひとりが、お互いの個性や能力を認め合いながら心身共に健康で活躍し続け、Well-beingを実現できる環境を整備していきます。」

仕事やキャリア形成に関する価値観が多様化するなか、私たちは働き方改革やダイバーシティ&インクルージョンに積極的に取組むとともに、個々の能力を最大限に発揮できる「適所適材」の活躍機会の提供等により、全役職員が生き生きと働きがいを持ちながら活躍し続けられる健全で快適な職場環境を構築し、一人ひとりのWell-being実現を目指していきます。

指標および目標

重点課題と主な施策 非財務KPI
(注1) (注2)
2024年度
目標
2022年度
実績
ジョブ型人事制度への転換
  • 「適所適材」の人材配置と処遇
  • 自律的な挑戦に対する機会の提供
  • 専門人材等の積極的な中途採用
  • タレントマネジメントの強化
ジョブインターン実施者数 80名 49名
中途採用比率 15% 4%
専門資格保有者数
  • 年度末における人数 (注3)
290名 264名
人材総合力の強化
  • 「キャリアオーナーシップ」の醸成
  • 行員のデジタルリテラシー向上
  • リスキリングの強化
  • 経営人材の育成
一人あたり人材投資額 (注4) 130千円 109千円
ITパスポート取得者数
  • 年度末における人数
1,000名 785名
副業制度利用者数
  • 年度末における人数
- 21名
専門人材の育成
  • 専門スキル向上に向けた取組みの強化
  • 行外研修・出向を活用した育成
  • 専門人材への積極的な登用
スキルチェック上級者数
  • 年度末における人数 (注5)
850名 767名
行外研修派遣者数 100名 68名
専門人材(エキスパート等)任命者数 (注6) 15名 11名
D&I推進
  • 女性・中途採用者の積極的な登用
  • 男性の育児参加を後押しする組織風土醸成
  • D&Iリテラシー向上に向けた研修等の実施
  • 「L-NEXT(女性活躍促進チーム)」等によるボトムアップの取組み
女性管理職比率 18%以上 16.0%
中途採用者の管理職登用率
[参考:新卒入行者の同登用率]
- 36.1%
[38.6%]
男女間賃金差  
  全労働者 - 49.6%
正規雇用労働者 - 56.6%
パート・有期労働者 - 63.8%
男性育休等取得率 100% 133.3%
男性育休等平均取得期間 6.5日以上 10.8日
Well-beingの向上
  • 「働きやすさ」と「働きがい」の促進
  • 1on1ミーティングの実効性向上
  • 健康経営の推進
有給休暇取得率 70% 80.5%
個人パーパスの実践度合い (注7)
エンゲージメントスコア
[参考:ベンチマークとの差異]
(注8)
- 人間関係 74
[+1]
支援   72
[+1]
自己成長 65
[±0]
健康経営優良法人認定 継続取得 取得済
  • 非財務KPI(目標・実績)は、当行グループにおいて主要な事業を営む銀行単体の計数としております。
  • 目標を設定していない非財務KPIは、2024年度目標欄に計数を記載しておりません。
  • 専門資格は、中小企業診断士、FP1級、証券アナリスト、公認AMLスペシャリスト、高度情報処理技術者・情報処理安全確保支援士としております。
  • 一人あたりの人材投資額は、「研修に係る費用(資格取得費用、研修派遣者の人件費、研修所経費等)÷業務職の年度平均在籍者数」にて算出しております。
  • スキルチェックにおけるスキル分野には、預かり金融資産、審査、法人営業、個人融資、事務(営業コース)、事務(融資・外為コース)があります。
  • 2024年度目標を2025年4月における人数、2022年度実績を2023年4月における人数としております。
  • 個人パーパスの実践度合いは、エンゲージメント調査のなかで、個人パーパスに関する設問を用意し、その回答結果を基に計測することを検討しております。
  • 従業員のエンゲージメントを可視化し調査結果を分析するツール「wevox」のエンゲージメントスコアにおけるベンチマークは、金融業(1,001~5,000人規模)の平均としております。