中小企業庁「M&A支援機関登録制度」への登録について

2021年10月14日

群馬銀行(頭取 深井 彰彦)は、中小企業庁の「M&A支援機関」に登録されましたのでお知らせいたします。
M&Aは、事業承継の選択肢として定着しつつあり、お客さまが企業の存続を考えるうえで重要な役割を担っています。
当行では、中期経営計画において事業承継の一貫支援に向けた取組みとして、事業承継・M&A専担者の増員など本部支援態勢の拡充をしてまいりました。今後も、支援機関として求められる事項を遵守し、M&A支援態勢の強化に努めてまいります。
M&Aに関するご相談は、お近くのお取引店へお問合わせください。

M&A支援機関登録制度の概要

  • 支援機関が経済産業省策定の「中小M&Aガイドライン」を遵守することで、中小企業が安心してM&Aに取組める基盤を構築するために設けられた制度です。
  • 本制度に登録された支援機関の提供する支援を活用する場合、事業承継・引継ぎ補助金(専門家活用型)の補助対象となります。
  • M&A支援機関についての詳細はこちら
  • 中小M&Aガイドラインについての詳細はこちら

事業承継・引継ぎ補助金について

  • 中小企業者等の事業承継・引継ぎを契機とする新たな取組みや廃業に係る費用の一部を補助するとともに、事業再編、事業統合に伴う経営資源の引継ぎに要する経費の一部を補助対象としています。
  • 事業承継・引継ぎ補助金についての詳細はこちら

以上

「M&A支援機関登録制度」と「事業承継・引継ぎ補助金」のイメージ図

「M&A支援機関登録制度」と「事業承継・引継ぎ補助金」のイメージ図