主な関係書類の説明

戸籍謄本または全部事項証明書

  • 被相続人の死亡の事実を確認するためと、相続人が誰であるかを確認するためにご提出いただきます。
  • 相続人を確認するために、被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍謄本が必要です。
  • 戸籍全部事項証明書は、戸籍をコンピュータ化した自治体が発行する証明書で、従前の紙で発行していた戸籍謄本と同じものです。
  • お1人の方の戸籍でも、結婚、転籍(本籍地を移転すること)や、法務省令による改製などの異動が生じると、その都度作り替えられ、複数にわたります。
    このため、次のように異動前後の連続した謄本のご提出が必要となります。
    • 被相続人の本籍地が移転したり、戸籍が結婚等により異動している場合、異動前の謄本が必要です。
      異動後の戸籍謄本には、異動前に除籍となった方が記載されていないためです。
  • 戸籍の改製が行われている場合は、改製前の戸籍(改製原戸籍)謄本が必要になります。
  • 市区町村の窓口で戸籍謄本を請求される際は、以下資料を印刷してご利用ください。

法定相続情報一覧図の写し

  • 相続人を確認するために、ご提出いただきます。
  • 登記所(法務局)に必要書類を提出することにより、登記官が内容を確認し、一覧図の写しを交付します。

印鑑証明書

  • 相続人全員(「相続届」へ署名捺印される方)について各1通ずつ必要です。
  • 発行日から3か月以内のもののご提出をお願いします。

遺産分割協議書

  • 相続人全員が協議書の内容に同意し、署名捺印していることが必要です。実印を押捺してください。
  • 相続人全員(署名捺印された方)の印鑑証明書を添付してください。

相続届(当行所定の書類)

  • ご記入例を参考に、相続人(相続放棄した方を除く)、受遺者、遺言執行者がそれぞれご署名のうえ、実印を押捺してください。

受領書(当行所定の書類)

  • 現金でお受取りになられる方がご署名のうえ、実印を押捺してください。(振替・振込でお受け取りされる場合は不要です)