全銀システム稼働時間拡大に伴う個人向けインターネットバンキングの対応について

2018年9月14日

ニュースリリースでもご案内のとおり、全銀システムの稼働時間が拡大される2018年10月9日(火)15:00より、個人向けインターネットバンキングの取扱時間が拡大となります。それに合わせて、セキュリティの観点から振込・振替についての限度額を新設いたします。

取扱時間

対象サービス 振込先 現在 拡大後
<個人向け>
インターネットバンキング
他金融機関 平日 8:00~15:00 平日 0:10~23:50
土日祝
当行本支店 平日 0:10~23:50 平日 0:10~23:50
土日祝 土日祝

新たな振込・振替限度額

現在、個人インターネットバンキングでは、ワンタイムパスワードをご利用いただいているお客さまが、画面から「1日あたりの振込・振替限度額」を登録することにより振込・振替取引が可能になります。(最大で1,000万円まで設定可能)
取扱時間の拡大に伴い、「平日0:10~8:00、15:00~23:50および土日祝休日」の振込・振替限度額を新設いたしました。新限度額の適用時間は以下のとおりです。

新限度額適用時間帯

新限度額適用時間帯

新限度額は、「1日あたりの振込・振替限度額」の範囲内で設定いただきます。また、新限度額は当行本支店宛て・他行宛ての両方に適用いたします。振込については初期設定金額が0円ですので、該当の時間帯にお振込を行うお客さまは、登録・変更をお願いいたします。反映は登録日の翌々日です。

  • 新たな振込・振替限度額の設定方法は、こちら
    • 2018年9月17日(月・祝日)より登録できます。

新限度額の考え方

「1日あたりの振込・振替限度額」と「新限度額」の関係

前提:1日あたりの振込限度額500万円、新限度額300万円

<説明>

  • 新限度額は、0円を初期設定しますので、振込取引のご利用にあたり、ご自身で登録をお願いします。引上げの際は、登録日の翌々日に反映となります。
  • 1日の振込金額(予約取引含む)を累積し、限度額への到達を判定します。

限度額の利用事例(平日の場合)

前提:1日あたりの振込限度額500万円、新設限度額300万円

振込限度額の判定

ケース①

日中(8:00~15:00)に100万円振込(当日扱いおよび予約扱い)を実施した場合
⇒15:00~23:50では、200万円の振込(当日扱い)が可能。なお、予約扱いは400万円まで可能。
<計算方法>

    0:10~8:00、15:00~23:50の振込限度額    -    8:00~15:00の振込額    =    15:00~23:50の可能振込額
    300万円    -    100万円    =    200万円

ケース②

日中(8:00~15:00)に400万円振込(当日扱いおよび予約扱い)を実施した場合
⇒15:00~23:50では、振込(当日扱い)はできない。なお、予約扱いは100万円まで可能。
<計算方法>

    0:10~8:00、15:00~23:50の振込限度額    -    8:00~15:00の振込額    =    15:00~23:50の可能振込額
    300万円    -    400万円    =    0円