投資信託の基礎知識

投資信託の仕組み

投資信託とは、たくさんのお客さまからお預かりした資金を大きく一つにまとめて、運用の専門家が株式や債券などに分散して投資し、その成果を分配金としてお客さまに還元する仕組みです。

国内外の株式や債券などで運用することにより、大きなリターンが見込める反面、値動きのある資産に投資するため、値下がりのリスクもあわせて存在します。

投資信託のメリット

投資信託には3つのメリットがあります。

少額から投資できます。

多くのお客さまからお預かりした資金をまとめてひとつのファンド(基金)としますので、単独で株式や債券などに投資することに比べ、少額の資金からでも投資が可能です。

専門家が運用します。

運用の専門家(=ファンドマネージャーといいます)の高度な投資技術を利用することができます。

分散投資し、リスク低減をはかります。

大きなファンドを一銘柄の株式や債券などに集中して運用するのではなく、多数の銘柄の国内外の株式や債券などに分散投資することでリスクを軽減できます。

お申込み・お問合わせ

お問合わせ

群馬銀行ダイレクトセンター

0120-13-9138

受付時間 9:00~17:00
ただし、土・日・祝休日、12/31~1/3は除きます。

携帯・PHSからもご利用いただけます